実例その1

コンピューター・ソフト関係会社のA氏、赴任して2ヵ月目。予算は20,000ドルでトヨタカムリの4ドア、オートマチック、エアコン付き新車を希望。SFフリート&リーシング社に新車でこの値段は無理と説明されたが納得できず近くのディーラーに行って調べる事にした。ディーラーでセールスマンと話しているうちにアレヨアレヨという間に断われなくなり1,000ドルの頭金の小切手を書くはめになった。金額は予算の1,000ドルオーバーぐらいで出来たという事だが、契約書にサインした車は5スピードでエアコン無し(Aさんは5スピードの車の運転経験なしとの事でした)。

セールスマンが感じの良い人だからという理由で買ってはいけない。セールスマンは契約が成立するまでは皆良い人です。

値段の交渉をしているときに何ドル何セントまで細かい数字を書面に書いてもらうこと。英語の通じる米国人でさえセールスマンには数字をごまかされることが始終、したがって聞き間違いのないように書面にすること。この時点でいい加減なディーラーとまともな所との区別ができる。書面での見積りなどしませんというようなセールスマンとはそれ以上話しをしても時間のムダ。10,000ドル20,000ドルという高い買い物をするのに書面での見積り無しでの交渉などはリスクが大きすぎる。

電話でもらった見積りは信用性ゼロ。"We can do about 15,000"とか、"We can do better than your price"といって最後にPlease come overという。行くと、セールスマンの良く使う手になり別の値段になる。 これはお客をディーラーにこさせて面と向かってセールス・プレッシャーをかけるための手口。行ってみると電話で言ったのとは違う車だったり、またはオプションの違うモノ。あなたがミスアンダスタンドしたと言ったり、マネージャーに聞いたらだめだと言われたとかになる。

車両販売
下調べを十分に
実例その1
実例その2