クルマをリースしたい人へ

(1)カーディーラーが自社でリース・ファイナンスを組む事はほとんどない。ファイナンスはGM,FORD,TOYOTA等メーカー系ファイナンス会社又はChase等の銀行。

(2)カーディーラーは上記ファイナンス会社の代理として契約書の準備をする。そして契約された時点でマージンを受け取り、その後はその契約に関して一切関知しない。Buyerはその後支払いから車の返還まですべてファイナンス会社との付き合いとなる。ここで問題になるのは:ディーラーセールスマンは一度契約書にサインをしてしまえば自分に関係がなくなる事より、サインをさせる事に集中するあまり、契約書にある細かい事を良く説明しない。

例えば:

1.途中解約はカンタンなような事を言うが真っかなウソ、ファイナンス会社は途中解約時はリース全額の支払を要求する。
2.リース終了後、車を返せばそれでOKというような事を言うがMonthly Paymentの低いリースはリース契約の仕組み(6)の追加請求がドーンと来るので要注意。

ちなみにタイヤの消耗、ブレーキの消耗、外装のキズ、内装のヨゴレ等だけでも2~3,000ドルの請求書が出される。
特に日系企業のリース場合、契約終了時にすでに契約時の担当者が居なかったりで追加請求が来てもよく事情がわからずに支払っているケースがある。

クルマをリースしたい人へ
リース契約について
リース契約の仕組み
リース契約の誤解
実例
リース契約の落とし穴